コンテンツへ
ナビゲーションを開く
コミュニティライフセーバー

居合わせた人によるCPRは命を救う

毎分数

突然の心停止(SCA)は、世界中でも多い死亡原因です。5秒ごとにSCAは命を奪い、年間600万人がなくなっています。大半の心停止は自宅で起こり、これらの40%には居合わせた人により目撃されています。

1分後、酸素のない脳細胞は死滅し始めます。  救急医療サービス(EMS)の対応時間は、平均7~12分であり、さらに長くかかることもあります。居合わせた人が救急車を待つ間にCPRを行う能力があることは、生存率と良好な患者の転帰にとって重要です。

居合わせた人によるCPR率は大きく異なります。ある場所では、5%の居合わせた人しかCPRを行えず、別の場所では70%にも上ります。居合わせた人によるCPRの努力を増加させることにより生存率を向上する大きな可能性があります。

ライフセイバーのコミュニティを作る

コミュニティには行動する人々が必要です。ソリューションは、広く普及したCPRのトレーニングをコミュニティ全体で行うことです。心停止の発症の早期の認識および次に何をすべきかに関する知識により、患者の経過と生存率は劇的に向上します。

多くの数のコミュニティの居合わせた人を学校またはボランティア組織でトレーニングをするイニシアチブは、米国、ノルウェー、スウェーデン、シンガポール、韓国、英国およびデンマークを含む多くの国々で成功しています。

成功話

デンマークは、CPR教育に国としての取り込みを開始させた多くの国々の1つです。プログラムには、小学生および自動車免許申請者に対して、必修トレーニングを導入しています。トレーニング指導キットの配布、電話オペレーターによるガイダンスが提供され、AEDが公共の場に設置されています。

世界中で生存率を向上

Laerdalは、価値あるパートナーとともに、有効なお客様の実施プログラムの役に立つ促進剤として機能しています。米国からオーストラリア、デンマークから韓国まで結果が物語っています。

米国心臓学会(AHA)および英国心臓基金(BHF)は、Laerdalと協力して、学生やコミュニティの一般人のトレーニングのために幅広く行き渡るプログラムを行ってきました。米国では、200万人以上の学生が、毎年CPRのトレーニングを受けていることを意味します。

韓国ソウルの1地区であるノウォンでは、幅広い居合わせた人によるCPRトレーニングと電話によるCPR(T-CPR)のイニシアチブが2011年に行われました。3年間で4万人の人がトレーニングを受け、毎年生存者の数は約3倍になっています。

スウェーデンでは、心停止からの生還者数が1998年には156人から2015年位は586人に増加しました。この生存率の膨大な増加は、居合わせた人によるCPRが現在71%に大きく増加していることに対応しています。また、増加は、約300万人に対する系統的トレーニングとT-CPRの導入によるものでもあります。

進行中の全アジア蘇生転帰研究(PAROS)によると、心停止の認識と、通信係の補助によるCPRを含むT-CPRを使用したコミュニティ教育プログラムが、生存率を上げるとされています。

レーダルはどのようにサポートできるでしょうか

CPRトレーニングの増加のコミュニティによるイニシアチブと行われるCPRの質の向上は、生存率向上にとって重要です。CPRトレーニングのために広く普及したプログラムを実施することと、頻繁に実施を導くために系統的に測定された高品質トレーニングを提供することにより、ともにより多くの命を救う手助けができます。

 

詳細情報を希望します

ご希望の連絡方法を選択してください。

当社は、プライバシーポリシーに則り、お客様の個人連絡先情報を慎重に取り扱います。